【総まとめ】滅火器 Fire EX.日本ライブ どこよりも詳しいまとめ

アーティスト特集

皆さんこんにちは!本サイトで主に扱っている台湾を代表するパンクバンド滅火器 Fire EX.。近年は日本でのライブの頻度も増し、日本のファンを徐々に獲得しつつある頃ですが、実は彼らと日本の関係には長い歴史があります。

彼らと日本の音楽の関係、日本の音楽から受けた影響については別途詳しくまとめますが、ここでは彼らが日本で行ってきたライブに焦点をあててまとめていきます。

日本での公式デビューは2016年

多くの方が日本デビューは2016年だったと知っているのは、恐らく日本デビューアルバムが影響しているのでしょう。台湾でのデビューは2000年ですが、それから16年経った2016年6月8日に日本版としては初となるアルバム『REBORN』をリリースしています。当時、デビューアルバムのお披露目となるライブを東京で開催しました。いわゆるレコ発ライブですね。

2016.6.13『REBORN』Release Show in Tokyo @新代田 FEVER

また、このライブは対バンとしてHUSKING BEEとMONOEYESが参戦しました。デビューアルバムでコラボしている磯部さん、細美さん率いるバンドとの対バンは必然だったかもしれませんが、それにしてもこれ以上ない組み合わせですね。対バンだけではなく、細美さんは《Don’t You Fight》、《この島の夜明け》をコラボ、磯部さんは《残像モーション》のほか、なんとHUSKING BEEの名曲《WALK》もコラボしています。すごいVIP対応ですね!

このデビュー及び日本が誇る大物バンドとのコラボレーションは、日本での活動をマネジメントするスペースシャワーミュージックのおかげで、以降の日本での活動が加速する重要な役目を果たしているのですが、実は滅火器 Fire EX.が日本でライブ活動を開始したのは、もっと昔、2012年まで遡ります。

日本での初ライブは2012年8月@下北沢

当時のことはネット上にもほとんど情報がなく、様々な要素を繋ぎ合わせないとわからないのですが、日本初ライブは2012年8月17日の下北沢でのライブになります。ネット上では2012年8月19日のサマソニ出演が最初とされる場合があるのすが、実はその前に日本初ライブを達成しています。

2012.8.17 It’s ‘bout Ambition @下北沢ReG

当時の文献を読み解いていくと、当時所属していた会社が、すでに出演が決まっていたサマソニに追加して1件ライブを入れてくれたとされています(参考:https://www.facebook.com/FireEX/photos/a.115035680538/10153700373005539/)。このライブはlocofrankとEgg Brainとのスリーマンで実現しています。この後、locofrankとは同年10月に台湾の北中南で3箇所の対バン(滅火器 Fire EX.、locofrank、台北のみABNORMALS含むスリーマン)ライブ『爆裂核心 BURSTING CORE Presents locofrank TOUR 2012″ONE” in TAIWAN w/Fire EX.』を実現しています(参考:http://www.pop-group.net/live/-bursting-core-presents-locofrank-tour-2012-one-in-taiwan.html)。また、Egg brainは2014年1月10日に台北のTHE WALL 公館で行われたROTTENGRAFFTYの『ROTTENGRAFFTY “Walk” TOUR 2013-2014 in TAIWAN』に参加、滅火器 Fire EX.と胖虎もそこに参加しています。

2012.8.19 Summer Sonic 2012 @QVCマリンフィールド

そして8月19日に開催されたSummer Sonic 2012。2016年の本格デビューよりも前にサマソニ出演を果たしていたのです。当時は「五月天」や「四分衛」、「1976」といった台湾が誇る超有名バンドとともに来日、ステージこそマリンスタジアム(当時はマリンフィールドだったかな)の駐車場に設けられたISLAND Stageという小さなステージでしたが、確実に日本の音楽ファンに楽曲を届けている彼らの姿がそこにはありました。

当時のタイムテーブルは今でも下記から確認することができます。
https://www.summersonic.com/2012/timetable/tokyo0819.html

2013年、2014年は僕が知る限り日本でのライブは実施していないはずです。台湾では「ひまわり運動」が起こったのも2014年。その頃は自分たちの国のために汗を流す彼らの姿があったのかもしれません。

Far East Unionへの参加、そして日本デビューへ

元々日本バンドとの交流があった滅火器 Fire EX.。2009年には10-FEETの台湾公演『10-FEET “Life is sweet” TOUR 2009-2010 in TAIWAN』のオープニングアクトとして対バンをするなど、様々な日本バンドとの交流があることは想像に難しくありませんが、そのことをファンにも強く実感させるきっかけはやはり『Far East Union』でしょう。

MONOEYES率いる細美武士さんが中心となり2015年から開催されている東アジアのバンドで構成された音楽フェス『Far East Union』。日本、台湾、韓国、香港(香港は2016年のみ参加)といった東アジア地域で活躍するバンドが共演する毎年恒例のフェスです。

どうも2013年には既に滅火器 FireEX.と細美武士さんは出会っているようですが(参考文献:https://www.creativeman.co.jp/artist/2015/09fareastunion/)、2016年のインタビューで、滅火器 Fire EX.と細美さんの出会いは、細美さんが訪台し、大港開唱ことMegaport Festivalに参戦し、そのあと一緒に飲んだことがきっかけだと語っています(参考:https://www.youtube.com/watch?v=hPi8oIes72M)。上の2つの参考文献では2012年という言及と2013年という言及がありますが、細美さんは大港開唱2013(2013年3月2日-3日)に出演しているので、2013年が正しいかと。そして、細美さんと滅火器 Fire EX.がこのフェスの企画をしたのだとか。『Far East Union』の参加バンドが、日本と台湾だけ2015年以来変わらず同じバンドであることもこの辺りから想像できますね。(香港は1回だけ、韓国は参加バンドが途中変わっている)

2015.9.17 Far East Union Vol.1 新木場STUDIO COAST

こうして実現した『Far East Union』ツアーの記念すべき第1回は2015年9月。日本の音楽ファンの前で本格的に彼らの音楽を届け始めるきっかけはここから始まったのかもしれません。当時はまだ先に述べた日本デビューアルバム『REBORN』リリース前ですから、当然全曲中国語及び台湾語。この辺りでは既に日本版のアルバムをリリースする計画があったのかもしれませんが、日本語版の曲、《残像モーション》、《おやすみ台湾》、《この島の夜明け》を作成するきっかけとなったのは、少なくとも《この島の夜明け》はこのライブ以降でしょう。過去のインタビューを聞くと、『Far East Union Vol.1』以降に細美さんに日本語版の作詞を打診していることが分かります。ちなみに、このライブではハイスタのSTAY GOLDも演奏しています。きっちりと日本ファンの心を掴みにいっていますね。

台南地震の発生とチャリティライブ開催

2016年2月6日、台南で大きな地震が発生、多くの方が犠牲となる大惨事が発生しました。当時日本でも大きく報道され、2011年に発生した東日本大震災で多額の義援金を送ってくれた台湾へ、今度は日本が助ける番だという流れができました。台南と言われていますが、実際は高雄の大部分も被災しており、つまり彼らの生まれ故郷が被災したのです。その地震が発生した当時、彼らは岩手県宮古で《繼續向前行》のPV撮影から都内に帰ってきたばかりでした(参考文献:https://viz-store.jp/staffblog/32546.html)。また2016年3月30日の朝日新聞にもPV撮影時期への言及があります(参考:https://www.asahi.com/articles/ASJ3K7KVSJ3KUHBI03G.html)。

2016.2.6 Sing For Taiwan 〜加油!台南!〜 @青山 月見ル君想フ

居ても立ってもいられず、都内でチャリティライブをすることを決めます。会場すら決まっていない状態から、当日告知でお客さんを集めるまで大変な一日だったようですが、なんとか会場を押さえ、チャリティライブを開催したのでした。

当時の場所を探す様子は、以下のTwitterからも確認できます。(午後3時28分の投稿)

https://twitter.com/HideKawasuck/status/695856488774918144

そして台湾音楽ファンなら知らない人はいない青山の青山 月見ル君想フに決まって発表されたのは午後5時40分。ライブは午後9時30分からでした。

https://twitter.com/HideKawasuck/status/695889688851144706

2016.2.12 Sing For Taiwan 台湾南部地震チャリティーライブ@島野菜カフェリハロウビーチ

それから1週間経って、石垣島へ上陸した滅火器 Fire EX.。2日間に渡って石垣島でのライブを行いました。2月12日には島野菜カフェリハロウビーチでライブを開催。先日の台南地震の影響もあり、チャリティライブも兼ねたようですが、このライブ自体は地震発生の前から組まれていたものであり、1月27日にはリハロウビーチのFBで告知済みでした。(参考:https://www.facebook.com/taiwanderful.jp/posts/1659215774333236/

2016.2.13 アジアゲートウェイ交流戦 Power Series 2016 in 石垣島 @石垣市中央運動公園野球場

翌日にはアジアゲートウェイ交流戦と称して、千葉ロッテマリーンズ vs Lamigoモンキーズ(当時)の交流戦に参加した滅火器 Fire EX.。もともと彼らは大の野球ファンであり、台湾の人気球団Lamigoモンキーズの応援歌を書くなど、野球との交流が多いバンド。当日は外周ステージでのライブもありましたが、試合前にはグランドで《Super Monkeys》を歌っています。これ、日本ではまず歌うことはない曲ですので、超レアな機会です!

ちなみに後に発売されるアルバム『REBORN』(台湾版:2016年3月25日、日本版:2016年6月8日)に収録されている曲《石垣好朋友》のPVには、この試合の様子や、前日のリハロウでのライブの様子も収められています。ですから、2月時点で《石垣好朋友》という曲は完成していたことになります。

彼らにとって石垣島は、バンドが解散しそうになったときに自分たちを見つめ直した場所。2015年5月には石垣島での合宿を行なっており、その頃にはこの曲の構想はできていたのでしょう。彼らとリハロウさんの関係がどのように始まったのかは分かりませんが、《石垣好朋友》の英語タイトルは『Re:Hellow』となっており、彼らにとってこのリハロウという場所がとても大切な場所なのだといいうことが伝わってきます。

ちなみにPVに映っている呉屋青果という青果店にも2015年当時お世話になっているようで、2015年5月20日の日付で青果店の壁にサインがしてあります。そして今回の石垣訪問に際して、2016年2月14日には無事に再訪を果たしました。

日本公式デビュー前のイベントへ参加

既に記載した通り、2016年6月13日に満を辞して日本デビューをした滅火器 Fire EX.ですが、実はその2日前に都内でライブを行っています。

2016.6.11 台灣音樂祭展 @台北駐日経済文化代表処台湾文化センター

虎ノ門にある台湾文化センターによるイベント「台湾の音楽フェスへ行こう!」が開催され、KKBOXでも生中継されました。全編アコースティックギターで3曲を熱唱、2日後に控えたライブへ向けて良いウォームアップとなったことでしょう。ちなみに《おやすみ台湾》とSamはライブで曲紹介をしましたが、実際には台湾語版の《晚安台灣》を歌っています。最後には《この島の夜明け》を日本語版で歌っていますね。

そうして2016年6月13日の初ライブを迎えたのです。

2回目のサマソニ出演

2016.8.20 Summer Sonic 2016

2016年8月には2012年以来4年ぶりとなるサマソニへの出演を果たしました。前回と同じくISLANDステージですが、最後から2番目での出演。確実に大きくなって帰ってきた滅火器 Fire EX.がそこにはいました。この時は台湾のバンドHUSH、大象體操 (Elephant Gym)とともに出演、2012年とは少し毛色の異なる組み合わせでした。

また、1日前には恵比寿LIQUIDでのライブも行いました。

2016.8.19 台ワンダフル 2016 @恵比寿LIQUID

サマソニ2016に出演した3バンドでの出演。2014年から始まった台湾の音楽やカルチャーを広めるためのイベント「台ワンダフル」に初めて滅火器 Fire EX.出演したことになります。(参考:https://www.facebook.com/events/482405878616432/

2016.11.15 Far East Union vol.2 @Zepp Tokyo

また、11月には2回目となる『Far East Union』ツアーも実施。初のZepp Tokyoでのライブ経験を果たし、後に台湾に完成するZepp New Taipeiの完成をイメージしたかもしれません。

日本初となるツアーを沖縄で開催

2017.2.10 Fire EX. 2017 OKINAWA mini tour @那覇 Output
2010.2.11 Fire EX. 2017 OKINAWA mini tour @石垣Bar Bb

2017年になると、沖縄でのライブツアーを発表。この年は『世界進擊World Tour 2017』と題して滅火器 Fire EX.としては初の世界規模のツアーを組むことになるのですが、2017年のワールドツアーの一環として沖縄を選んでくれたことは日本人としてもとても嬉しいところ(注:沖縄ミニツアーは正確には『世界進擊World Tour 2017』ではないのですが、彼らの公式youtubeに掲載された2017年の世界規模ライブの総集編動画には、その出だしが沖縄として記録されていることから、このツアーがそのスタートとして問題ないでしょう)。(参考:https://spaceshowermusic.com/schedule/69001/

パンクフェス@千葉への参加〜いざ東北へ

2017.3.26 PUNK SPRING 2017 @幕張メッセ9-11ホール

台湾パンク界を背負って立つ彼らにとって、PUNK SPRINGという大舞台に出演したこと、世界の大物パンクロックバンドと共演できたことは、その後の世界ツアーへの大きな自信となったはずです。RIOT STAGEという舞台に立ったわけですが、もう一つのステージにはNOFXやTHE OFFSPRINGが出演しており、錚々たるメンバーの中で台湾パンクをかき鳴らしたわけです。

PUNK SPRING 2017のタイムテーブルはこちら

2017.3.27 PUNKSPRING EXTRA @Space Odd 渋谷代官山

PUNK SPRINGに合わせて来日した各国のバンドは、翌日以降に日本各地で単独ライブを開催しているのですが、滅火器 Fire EX.は、SNUFFの単独ライブのSupport Actとして出演を果たしました。彼らにとっては、SNUFFという超大物の前座的な位置を務めることで新規ファンを獲得できますし、一回の来日で複数ライブをこなせることは良いことですよね。

参考:https://twitter.com/fireexjapan/status/834617220739182592

2017.6.11 POWER STOCK in MIYAKO 2017 @岩手県宮古

6月には岩手県宮古へ。2016年2月に《繼續向前行》のPV撮影で訪問した以来ではないかと思います。日本のパンクファンにはおなじみの東北ライブハウス大作戦にも関わっている宮古の地で開かれたフェスに参加した形。滅火器 Fire EX.のSamとORioは今でもライブや取材時には必ず東北ライブハウス大作戦のリストバンドを付けており、この企画との深い関係を印象付けています。

2017.9.2 松島Park Festival × Reborn-Art Festival 2017 @宮城県松島

また、同年9月には宮城県松島で行われたフェスにも参加。2017年は東北地方を中心としたライブ展開を行い、新たなファンを獲得しました。

初の日本大型ツアー開催

そして2017年9月。ついに滅火器 Fire EX.は日本での大型ツアーを開催することとなります。東名阪でのツアー、台湾バンドとしては当時異例のことだったのではないでしょうか。

2017.9.4 世界進擊World Tour 2017 @渋谷 Club Quattro
2017.9.6 世界進擊World Tour 2017 @Umeda Club Quattro 梅田 クラブ クワトロ
2017.9.7 世界進擊World Tour 2017 @NAGOYA CLUB QUATTRO

沖縄から始まった?世界進撃ツアーは、香港=>アメリカと続き、9月に日本へやってきました。日本公演を終えるとそのままヨーロッパへ。世界規模での巨大ツアーのど真ん中に日本公演は設定されていました。

対バンも豪華です。東京公演はHUSKING BEE、BIGMAMAとのスリーマン、大阪及び名古屋はBrahmanとの対バン。Brahmanはその前の月に実施された第1回火球祭Fireball Festにも参加していますね。そしてその後2019年に行われた第2回火球祭Fireball FestにはHUSKING BEEも出演することとなります。

2018年のスタートは恒例行事から

2018.3.7 Far East Union Vol. 3 @Zepp DiverCity

第3回を迎えたFar East UnionはZeppにて。Zepp TokyoではなくDiver Cityの方ですね。実は2017年はFar East Union自体が実施されなかったため、2年ぶりの開催となりました。

初の広島2Days〜そしてモンパチフェスへ

広島出身のバンドHUSKING BEEと仲良くしていることは、この記事を読めば一目瞭然ですが(いや、正確にいうと滅火器 Fire EX.がHUSKING BEEをずっと聴いてきた対象であるからお世話になっているぐらいが良いのか)、そんな先輩バンドにくっついての広島遠征は大変内容の濃い2日間だったようです。

2018.8.6 Eight Six Day1 @CLUB QUATTRO広島
2018.8.7 Eight Six Day2 @CLUB QUATTRO広島

Eight Six自体は毎年恒例のイベントですが、滅火器 Fire EX.はもちろん初出演。初日は10-FEET、2日目は竹原ピストル、TOTALFAT(Shun)そしてHUSKING BEEを中心とした構成ですが、2日とも出演しているのは滅火器 Fire EX.だけなんですよね。過去Monoeyes、Brahmanなどなど、錚々たるメンバーが毎年名を連ねているイベントですが、僕が知る限り2Daysともに出演したバンドは滅火器 Fire EX.ぐらいではないでしょうか。

きっと台湾から来た仲間、後輩を日本で認知させたいという先輩心がそうさせたのではないか、と勝手に思っていますが笑

Eight Siのイベント告知。公式HPより

Eight Six公式ページはこちら

2018.8.20 Taiwan Beats 台ワンダフル 2018 @SHIBUYA  WWW X

そして8月はもうひとつ、2年ぶりとなる台ワンダフルへの出演。前回とは異なり、大きなライブハウスでの演出は落日飛車、盧廣仲とのスリーマン。トリの盧廣仲Crowd Luは日本でも比較的人気があり、傾向としてはおばさま(失礼w)方の支持を受けている印象ですが、イベンターが何を間違えたのか盧廣仲の前に滅火器 Fire EX.を入れたので笑 想像に難しくありませんが、パンクバンドのモッシュ&体当たりに最前列キープのおばさま方が若干キレ気味だったという話がめちゃくちゃ好きです笑 僕はこのイベントに行っていないのですが、よくこの話を聞くので、割と有名な出来事かもしれません。フェスですからね、仲良く全アーティストを楽しみましょう!

(参考:https://www.kkbox.com/tw/tc/column/live_reviews-0-505-1.html?fbclid=IwAR1uGG78hNa-SIKXrjTOY98B0dr6gOJO7uKwyOxTK28wSPU9pOD7CcCySUs

2018.11.3 What a Wonderful World!!18 (モンパチフェス) @豊崎ちゅらsunビーチ

そして11月にはモンパチが主催するフェス『What a Wonderful World!!18』へ出演を果たします。このイベントは滅火器 Fire EX.のこれまでの日本ライブでは特筆すべき点が2点あるのですが、1つ目は、比較的大規模で人が集まる野外フェスへの出演が日本では初ということ。普段はハコでの演出であったり、大規模フェスの端っこのステージで全然人がなかったり(サマソニが特にそう)で彼らのベストパフォーマンスを引き出せていなかった気がしますが、モンパチフェスは野外の広い公園の中で大きなステージを組み、太陽の日差しが降り注ぐ中での演出でしたので、彼らもこれまでとは違った雰囲気を噛みしめたに違いありません。

そして2つ目は台湾からのファンがたくさん来ていたこと。沖縄という立地上、台湾から比較的訪問しやすく、多くの台湾ファンが場の空気を作っていたと思います。曲の多くが台湾語ですから、歌える人も限られますし、空気を作ってくれるのはありがたいですね。

ちなみにモンパチ自体、台湾の音楽ファンから強く支持を得ている印象があります。僕の友人の多くもモンパチの歌を口ずさめますし、台湾でのライブ前に流れる曲に使われているのを聞いたこともあります。

2019年はTOTALFATとの対バンから

2019年はこれまでで最も精力的に日本ライブを行った1年、ライブ数も前年の倍以上になっています。そんな2019年最初の日本公演はTOTALFATのツアーでの対バン。2日間も実施してくれたのですが、場所が宇都宮及び熊谷という渋さ笑

2019.2.9 TOTALFAT Evolve + Infect TOUR 2019 @宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2
2019.2.10 TOTALFAT Evolve + Infect TOUR 2019 @熊谷HEAVEN’S ROCK VJ-1

誰がそんなところ行くんだ!と思っていましたが、みんな来ていました笑 まあ都内から新幹線で1時間で行けますからね、台湾に行くことを考えたら断然安上がりです。TOTALFATのShunとSamは同年代のようで、かなり意気投合している様子。今度台湾でライブしたいな〜とか当時はMCで話していましたが、まさかその4ヶ月後の6月に滅火器 Fire EX.と台湾で一緒にライブをすることになるとはその時は誰も想像していなかったはず。また、後日コラボ曲《We’re Gonna Make a Bridge feat. Sam from Fire EX.》までリリースするなんて全く想像していなかったですね。

慣れ親しんだ下北沢でのライブ

2019.5.25 下北沢 sound cruising 下北沢ReG
2019.5.27 Fever 10th Anniversary Extra Soundcruising 2019 FEVER

下北沢で毎年恒例のフェス『サウンドクルージング2019』に参加。下北沢はプライベートでもよく訪れているようで、2月の来日公演の際にも宇都宮に行く前に下北沢で飲んでいる姿がTwitterに投稿されていました(しかも磯部さんと!)。

サウンドクルージングは下北沢のいくつかのハコを跨ぐように開催されるフェスでまさに街を上げての音楽の祭典なのですが、5月25日に彼らが演奏した場所は下北沢ReG。そう、彼らにとって日本初ライブを行った場所なんです。初ライブから7年経ってようやくこの地に戻ってこれたと、ライブ後に本人たちから聞くことができました。

(参考:https://twitter.com/fireexjapan/status/1130558148979200000

さらに2日後の27日には、サウンドクルージングの追加企画として、もう一つの思い出の地「新代田FEVER」でのライブを実施。cinema staff、FOMAREとのスリーマンでしたが、なんと滅火器 Fire EX.は大トリ!この場所は2016年に最初の日本版アルバムをリリースした時のレコ発ライブの地。彼らにとってとても重要な場所です。

(参考:https://twitter.com/fireexjapan/status/1131026871896854528

また、当日は特別ゲスト来るかも、とTwitterでアナウンスがあったのですが、HUSKING BEEの磯部さんとBrahmanのTOSHI-LOWがステージに上がり、一緒に演奏するというサプライズ付きでした。磯部さんとは《残像モーション》、TOSHI-LOWとは《おやすみ台湾》をコラボ。日本在住の台湾ファンも多く来場していました。そのため、MCは一部台湾語でも行われていましたね。日本ライブではかなり珍しいと思います。

騎馬武者ロックフェスへの参加

2019.9.21 騎馬武者ロックフェス2019 南相馬市馬事公苑

5月の来日後は、6月の台湾での単独ライブ(台北と台中はTOTALFAT、Brahmanを迎えたスリーマン)、その後ロスへニューアルバムのレコーディングで長期滞在するなど、過密スケジュールとなっていた滅火器 Fire EX.。8月3日のPUNK THREE@台北以来、ライブを実施していなかった彼らにとって、復帰戦となったのがこの福島でのライブでした。『騎馬武者ロックフェス』への参加は今回が初でしたが、周りを見てみるとMonoeyesやTOSHI-LOW(BrahmanとしてではなくOAUとして参加)も名を連ねており、彼らの仲間にしっかりと入り込んでいる様子が伺えます。

滅火器 Fire EX.にとってこのライブは、非常に厳しい現実を知ったライブだったのではないかと思います。中盤の良い時間帯を割り当てられた訳ですが、観客が全然入らなかった笑 ちょっとファンとしてはかなり悲しかったですが、開始当初は前3列ぐらいしかいなかったんです。割と広い会場ですからね、ステージから見ると本人たちにとっては悔しい状態だったと思います。

そんな彼らに手を差し伸べたのはやっぱり細美さん、そしてTOSHI-LOWでした。細美さんは彼らとのコラボ曲である《Don’t You Fight》で参加。Monoeyesファンも細美さんの登場はなんとなくわかっていたと思いますが、点在していたファンが一気に前に押し寄せました。会場の雰囲気がより良いものになっていきます。極め付けはTOSHI-LOWを始め、Brahmanのメンバー(当日はOAUとして参加ですが)が楽器隊も含めて参加したこと。そう、6月に初公開されたコラボ曲《兼愛非攻》を演奏したのです。6月の台湾ライブで滅火器 Fire EX. × Brahmanとして2回演奏をしていますが、日本での演奏はこの時が初めてだと思います。TOSHI-LOWのMC、『日本のパンクはこんなもんなのか(全然盛り上がってないじゃないかの意)』の言葉に触発されたファンが一気に戦闘モードに笑 曲が終わった頃にはライブが完成していましたね。今回も細美さんとBrahmanに助けられてしまった滅火器 Fire EX.。日本でも早く大きくなって、台湾で展開しているような大規模な演出ができるバンドになって欲しいものです。

印象的だったのは当日の大トリを務めたMonoeyesの演出。会場の2階の部屋からガラス越しにライブをじっと見つめるSamと奥様のSadonの姿がそこにはありました。きっと悔しかったと思います。台湾であれだけの業績を残していても、日本マーケットではまだまだ駆け出し。現実を受け止め、次なるステップを目指していく彼らに期待しています。

九州初上陸は大先輩とのツアー

2019.10.11 HUSKING BEE 25th Anniversary “The Show Must Go On” Tour 福岡CB
2019.10.12 HUSKING BEE 25th Anniversary “The Show Must Go On” Tour 佐世保ORANGE BOX
2019.10.13 PIRATESHIP2019 大分T.O.P.S Bitts all

それからわずか3週間後のこと、彼らの姿は九州の地にありました。初となる九州でのライブ、しかも敬愛してやまない大先輩HUSKING BEEとの九州ツアー3連戦!夢のようなライブじゃないでしょうか。お世話になっているHUSKING BEEの25周年をお祝いする重要な役目を担ったわけです。

福岡でのライブは、現地在住の台湾人も数多く駆けつけ、故郷から遠く離れた福岡の地で奮闘する台湾人へ贈る《長途夜車》に、多くの台湾人が涙しました。

続く佐世保でのライブは、当初は予定されておらず、福岡=>大分というスケジュールでしたが、HUSKING BEEの追加公演という形で実現。佐世保のかなり田舎、早岐駅からライブハウスのバスに揺られて向かうような場所にあるハコは、なんだかほっこりするような素敵な時間でした。パンクバンドのライブにおじいちゃんおばあちゃんがいらっしゃり、椅子に座って見ている姿。音楽は誰でも楽しめる、言語を超えて心を通わせるものなんだと強く感じた時間でした。

毎年恒例のFar East Union + α

2019.11.10 HAWAIIAN6 presents KEEP STICKING 恵比寿LIQUIDROOM
2019.11.12 Far East Union Vol.4 Studio Coast 新木場

2018年に続き4度目の開催となったFar East Union。この年は韓国からスタートし、日本、台湾とツアーを行いました。9月から3ヶ月連続での来日となり、かなりハードスケジュールだったはずですが、なんと韓国でのライブが終わった翌日には恵比寿LIQUIDROOMで行われたBrahmanのライブに参加しています。コラボ曲《兼愛非攻》のみの参加でしたが、滞在期間中にしっかりと売り込みをしていました。その後、Far East Unionツアーを新木場で行い(メンバーもまさかStudio Coastでのライブがこれで最後になるとは思っていなかったでしょう(コロナ期間中に営業終了))、台湾に帰国して彼らが主催する大型フェス『FIREBALL 2019』の最終準備へと取り掛かったのでした。

コロナ禍に予定されていた来日公演

2020年3月以降はコロナ禍に入り、全てのライブが中止に追い込まれていきました。以下のライブは公式で発表があったものの、直前でキャンセルとなってしまったライブです。

2020.4.18 ROCKS vol.2 -THETEENAGEKICKS- UNITED LAB FUKUOKA
2020.9.12-13 Haziketemazare Festival 泉大津フェニックス

また、2021年夏にはフジロックに参加するはずだったという情報もありましたが、審議の程は不明です。

全日本ライブリストはこちら

#日付イベント名会場場所
12012.8.17It’s ‘bout Ambition下北沢ReG東京
22012.8.19Summer Sonic 2012QVCマリンフィールド千葉
32015.9.17Far East Union Vol.1新木場STUDIO COAST東京
42016.2.6Sing For Taiwan 〜加油!台南!〜青山 月見ル君想フ東京
52016.2.12Sing For Taiwan 台湾南部地震チャリティーライブ島野菜カフェリハロウビーチ沖縄
62016.2.13アジアゲートウェイ交流戦 Power Series 2016 in 石垣島石垣市中央運動公園野球場沖縄
72016.6.11台灣音樂祭展台北駐日経済文化代表処台湾文化センター東京
82016.6.13『REBORN』Release Show in Tokyo新代田 FEVER東京
92016.8.20Summer Sonic 2016QVCマリンフィールド千葉
102016.8.19台ワンダフル 2016恵比寿LIQUID東京
112016.11.15Far East Union vol.2Zepp Tokyo東京
122017.2.10Fire EX. 2017 OKINAWA mini tour那覇 Output沖縄
132017.2.11Fire EX. 2017 OKINAWA mini tour石垣Bar Bb沖縄
142017.3.26PUNK SPRING 2017幕張メッセ9-11ホール千葉
152017.3.27PUNKSPRING EXTRASpace Odd 渋谷代官山東京
162017.6.11POWER STOCK in MIYAKO 2017岩手県宮古岩手
172017.9.2Reborn-Art Festival 2017宮城県松島宮城
182017.9.4世界進擊World Tour 2017渋谷 Club Quattro東京
192017.9.6世界進擊World Tour 2017Umeda Club Quattro 梅田 クラブ クワトロ大阪
202017.9.7世界進擊World Tour 2017NAGOYA CLUB QUATTRO愛知
212018.3.7Far East Union Vol. 3Zepp DiverCity東京
222018.8.6Eight Six Day1CLUB QUATTRO広島広島
232018.8.7Eight Six Day2CLUB QUATTRO広島広島
242018.8.20Taiwan Beats 台ワンダフル 2018SHIBUYA  WWW X東京
252018.11.3What a Wonderful World!!18 (モンパチフェス)豊崎ちゅらsunビーチ沖縄
262019.2.9TOTALFAT Evolve + Infect TOUR 2019宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2栃木
272019.2.10TOTALFAT Evolve + Infect TOUR 2019熊谷HEAVEN’S ROCK VJ-1熊谷
282019.5.25下北沢 sound cruising下北沢ReG東京
292019.5.27Fever 10th Anniversary Extra Soundcruising 2019FEVER東京
302019.9.21騎馬武者ロックフェス2019南相馬市馬事公苑福島
312019.10.11HUSKING BEE 25th Anniversary “The Show Must Go On” Tour福岡CB福岡
322019.10.12HUSKING BEE 25th Anniversary “The Show Must Go On” Tour佐世保ORANGE BOX長崎
332019.10.13PIRATESHIP2019大分T.O.P.S Bitts all大分
342019.11.10HAWAIIAN6 presents KEEP STICKING (Brahman Live, 1曲のみ)恵比寿LIQUIDROOM東京
352019.11.12Far East Union Vol.4新木場Studio Coast東京
362020.4.18(中止) ROCKS vol.2 -THETEENAGEKICKS- UNITEDLAB FUKUOKA福岡
372020.9.12-13(中止) Haziketemazare Festival泉大津フェニックス大阪
382021.8.20-22(中止) FUJI ROCK FESTIVAL ’21苗場スキー場新潟

タイトルとURLをコピーしました