日本語翻訳|楊大の故事時間-chapter4. 海島冒險王

アーティスト特集

昨年発売された滅火器 Fire EX. の最新アルバム『無名英雄 Stand Up Like A Taiwanese』の制作背景について、ボーカルのSamこと楊大正が公式FBで複数回に分けてお届けした『楊大の故事時間』。前回に続き第四弾として『楊大の故事時間-chapter4. 海島冒險王』の日本語訳と背景解説を書き留めます。

前回の『楊大の故事時間-chapter3.少年家』の記事は以下からご覧ください。

楊大正の物語の時間 -チャプター4「海の島の冒険家」

「俺は海の上の島から来たんだ 島には勇敢な母が住んでいる
壮大な海と山 俺に勇気を与えてくれる」

高雄での篭り生活を終え、どうにか少しばかり進展があったところで、
ちょっと計算してみた。アルバムの曲で完成しているのは《1945》、《少年家》、《百年追求》、《生活革命》、《十二月的妳》、それからこのK2登山プロジェクトのために書いた《K2 WE 2》だ。
(うん、、、6曲だけ。《再會吧!北投》台北公演がまもなく始まる、、、全部で13公演、いまだに完成見込みがない!)

8/16、バンドメンバーは先にアメリカへ渡った。俺は19日まで公演へ出演した後にようやく出発した。8/17に《再會吧!北投》の千秋楽から2日前を演じ、俺の焦りは極限まで来ていた。ホテルへ戻り、バンドメンバーは仕事を始めたばかりで、俺はアメリカにいる彼らとビデオで繋いだ。ついでにプロデューサーのMike Greenと挨拶をした。彼らは俺に何からレコーディングするか聞いてきた。俺は《1945》と《K2》と答えたんだ。だってこの2曲は最も明確だから。

8/19の朝、俺は一人ロサンゼルスへ向かい、到着後先にアパートに荷物を置きに行った。見慣れたカリフォルニアの日差し、ストリートと平家、あの焦りを感じないようだった。俺たちが今年初めにアメリカでレコーディングすることを決めた時のことを思い返すと、次々と多くの問題を解決していた。予算、スケジュール、コラボ相手、制作工程などなど。あの時まではそれらは全て実現すると思っていた。まだ少し書き終わっていない曲があるけれど、根拠のない自信があり、むちゃくちゃかっこいいアルバムができると思っていた。
朝食を食べ終わり、バンドメンバーと車でレコーディングルームへ向かったところで、この2日間で彼らはすでに3曲録り終わっていたと知った。《1945》と《K2》を除き、《生活革命》でさえ完了していた。時差ぼけが酷かった昼休みの後、俺はレコーディングルームに入り、最初曲《K2》のイントロをヘッドフォンで聴いた時、音圧のある響きに俺は全身鳥肌が立った。俺は目を閉じ、阿果と元值(注:K2プロジェクトに参加する登山家)が今まさに進んでいる冒険のことを想像した。無情なK2は、あれらに厳しい試練を突きつけてるに違いないと。
「これは小さな1日かもしれない しかし偉大な1日なんだ」

イントロが終わり、俺はしっかりと最初のフレーズを歌い出した。自分の声を聞いて、俺は俺の冒険も今始まったんだと思った。ロサンゼルスに来て、まだ書き終わっていない歌詞を書き、俺たちは全ての楽曲のレコーディングを完了した。台湾で待っている愛する君たちへ、俺たちは最も素晴らしい物語を持って帰るよ。

台湾へ戻った後、俺はこの曲に《海島冒險王》というタイトルをつけた。台湾はずっと一つの素晴らしい島だ。四方を海で囲まれ、山脈が伸び、海に生きる島の人々が居る。人々は皆素晴らしい冒険家さ。この島が生み出した運動員、企業家、学者を想う。今世界各国の様々な場所で、眩い光を放っている。
このような精神
このような島
彼らを誇りに思うよな?

楊大の故事時間--chapter4.海島冒險王
『我來自一座海上的島嶼 島上住著我勇敢的母親
壯闊的海洋和山林 是他們給了我勇氣』

結束高雄的閉關,算是有了小小的進展
算一算。專輯完成詞曲的歌有:〈1945〉、〈少年家〉、〈百年追求〉、〈生活革命〉、〈十二月的妳〉,還有這首為K2登山計畫寫的歌 「K2 WE 2」。
(嗯…六首而已,《再會吧!北投》台北場即將到來…一共13場,我依舊沒有把握完成啊!)

8/16號,團員們先出發去美國了,我一直到19號演完音樂劇才出發。8/17《再會吧!北投》的倒數第二場演完,我的焦慮其實已經到了極限。回到飯店,團員們正好開工,我跟在美國的他們視訊、也順便跟製作人Mike Green打招呼。他們問我要先錄什麼歌,我說〈1945〉和 「K2」,因為這兩首是最明確的。

8/19一早,我一個人飛往洛杉磯,一下飛機就先回公寓放行李。沿途熟悉的加州陽光、公路和平房,忽然間我覺得沒有那麼焦慮了。回想我們年初決定要去美國錄音的時候,陸續解決了許多問題:預算、檔期、合作對象、製作進度…等等。直到那刻,我知道這一切即將實現。儘管還有一些歌沒有寫完,但就是有股莫名的信心,我們會完成一張超級無敵屌的專輯。
吃完早餐後跟團員們一起開車到錄音室,才發現他們前兩天已經錄好三首歌了,除了〈1945〉和「K2 」甚至還把生活革命錄好了分。在被時差擊倒的午休時間後,我走進錄音室開工,我唱的第一首歌就是「K2」耳機裡前奏響起,厚實的樂器聲響讓我全身起了雞皮疙瘩。我閉著眼睛幻想阿果和元值正在進行的冒險,無情的K2想必正帶給他們嚴峻的考驗吧!
『這是渺小的一天 也是偉大的一天』

前奏結束後我堅定的唱出第一段歌詞,聽著自己的聲音,我知道我的冒險也即將開始了。來到洛杉磯,我會把沒寫完的歌詞補齊,滅火器會完美的錄好每一個音軌。在台灣等待的愛人們,我們會帶著最精彩的故事回去。

回到台灣以後,我把這首歌取名為〈海島冒險王〉。台灣一直都是一座了不起的島嶼。四面環海、山脈綿延,擁有海洋性格的島民,人人都是了不起的冒險家。想一想這座島嶼孕育出的運動員、企業家、學者…。正各在世界的不同角落,散發出耀眼的光芒呢!
這樣的精神
這樣的島嶼
你能不為他驕傲嗎?

https://www.facebook.com/FireEX/posts/10157830412685539/

タイトルとURLをコピーしました