アーティスト特集

【完全解説】UNSUNG HEROES – 滅火器 Fire EX. アルバム徹底解説

本作品は滅火器 Fire EX. のデビュー20周年を記念するアルバム。メンバーが影響を受け、憧れ、そして常に意識してきた日本の”先輩バンド”との共作も含む14曲は、ますます力を入れていく日本マーケットに対して強烈なメッセージを発することでしょう。収録内容概要から曲解説、歌詞和訳情報、アルバム名に込められた想いまでをまとめたいと思います。
アーティスト特集

【どこよりも詳しい】データで見る 2019年 滅火器 Fire EX. ライブ演出 総まとめ+分析

2019年1月〜12月までの滅火器 Fire EX.のライブをまとめました。台湾国内、海外公演から、Sam単独出演まですべて一覧にしています。開催時期や場所の分析と考察も少し書き留めておきます。なお、公式にまとめられているものではないため...
アーティスト特集

2022年 今注目の台湾パンクバンド Empty ORio

Empty ORioとは、台湾パンクロック界の巨匠「滅火器 Fire EX.」が誇るギタリスト「鄭宇辰 ORio」のソロプロジェクトとして、2018年より始動しているパンクロックバンド。台湾中の様々なフェスに参加、一度ライブが始まれば、激しいパフォーマンスとお客さんのノリが物がぶつかる素晴らしい演出が見られる、今期待されているパンクバンドの一つです。
アーティスト特集

特集|五月天MonsterとB’z松本孝弘の出会い①

以前B’zの松本孝弘さんと五月天の怪獸Monsterの関係、及びコラボレーションについて書き留めたのですが、そもそもどうやって2人は出会ったのだろうと思い、調べたことがあったので、今回はそれをまとめておきたいと思います。エピソードはかなり...
アーティスト特集

特集|五月天 Monsterが保有するB’z 松本孝弘モデルギターの数々まとめ

五月天のギタリストMonsterといえば、2014年2月26日、世界で27人目、アジアで2人目となるGibsonシグネチャーモデルを持つTOPギタリストですが、そんなMonsterが古くから憧れてやまないギタリストが、B’zのギタリスト松...
アーティスト特集

【2022年版】おうち時間に聴こう!台湾のおすすめ曲10選 -バンド編③

わずか2年足らずで台湾最大の音楽フェス 大港開唱(Mega Port Fes *2019年で諸事情により終了)を始め、各地の大小様々なフェスの常連となっている 『告五人 Accusefive(gào wǔ rén)』の「帶我去找夜生活 Night life.Take us to the light」。3ピースバンドで、音楽の種類は結構幅広く、曲によってPOPからダンサブルなものまであります。
アーティスト特集

特集|B’z 松本孝弘と五月天 Maydayのコラボの歴史

こんにちは!台湾音楽にどハマりする@JGです。このサイトでは台湾の音楽に関する情報をメインにお届けしているのですが、そもそも僕は20年来のB'zファンでして、ロサンゼルスやハワイのライブまで追っかけるぐらいのB'zマニアなのです。 ...
アーティスト特集

【2022年版】 おうち時間に聴こう!台湾のおすすめ曲10選 -バンド編②

1曲目は女性ボーカルにギター2人という変わった構成のバンド『小男孩樂團 Men Envy Children』の「妳, 這個小東西 You, My Little Thing」です。通称MECバンドと呼ばれる彼女たちは、台湾の大人気球団楽天Monkeys(当時はLamigo Monkeys)の応援歌を手掛けたり、中華航空のテーマ ソングを作成したりと幅広く活動している、僕が今推したいバンドの一つです。
アーティスト特集

【2022年版】 おうち時間に見たい!台湾高雄で撮影されたミュージックビデオ

おうち時間に高雄に行った気分になれる?高雄で撮影されたPVを2つご紹介します。ちょっとした観光地の説明付きです。
タイトルとURLをコピーしました